スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

初歩の日本画教室 〜写生からの制作(1)〜

久しぶりに、日本画教室の活動を記事で紹介します。

生徒さんのEKさん。昨年9月から始められましたが、とても頑張っていらっしゃいます。





今回は、少し前に写生した静物を元に、小品を制作する課題です。

下はEKさんの写生です。爽やかな空気感があって、みずみずしく描写されています!




骨描き、胡粉、水干黄土・・・、と重ねていきます。

下地はどんな雰囲気にしよう?

今回は、黄土を刷毛や太い彩色筆を使って、ムラを作ることにしました。





次回はそれぞれの色を塗って仕上げていく予定。

生徒さんとともに、指導するほうもドキドキ、ワクワクする待ち遠しい時間です〜。


私も、生徒さんに負けないように制作、がんばらないと!

(なかなか自分自身の日本画制作はアップできません…。)


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 12:40, クミ, 絵画教室

comments(6), trackbacks(0), - -

子どもたちが描いた「野菜の写生」(子ども絵画教室)

今回は、久しぶりに子どもたちの絵画教室の記事です。

新学期も始まり、一学年ずつ進級おめでとう!だね。

「3年生になったよ!」「もう6年生なんだね。早いなぁ…」

なんて話しながらモチーフをひろげます。「なにー、これ。根っこついてるよ。」

根三つ葉、半分に切ったレモン、ミニトマト。鮮やかでおいしそう。




「葉っぱがむずかしそう…」「トマトはどうやってならべようかな…。」

つぶやきもだんだん静かになって、鉛筆での描写に集中してきます。




のびのびと描けています〜。いい感じです。

今回は、3原色だけで色を作りながら彩色する指導です。




「今日は、絵具を3色しか使わないよ。赤、青、黄色だけ。」

「知ってる!3原色!」「緑は黄色と青を混ぜるんだよ」

う〜ん、けっこうみんな知ってるみたい。


「赤、青、黄だけで100色以上、いくらでも色ができるんだよ。」「へぇ〜!?」

まずは三つ葉の葉の色から作ってみました。




根っこの茶色はひと工夫。赤、青、黄を全部混ぜて作っていきます。

「ホントだ〜。茶色になった。」




トマトの少しオレンジっぽい赤、ヘタの濃い緑…。

3原色だけでいろんな色ができる事に気づきます。「こんな感じかな。」




レモンの色も、ただの黄色じゃないよね。「早くレモン食べたい!」

今回も、力作が出来ました。1時間30分くらいかかりました。がんばった!

何点かご紹介します。






年齢は違うけれど、持っている力を精一杯使いました。

それぞれがとっても生き生きとした写生。

ちょっとむずかしいモチーフを描ききった時の、達成感。うれしそうな顔に、こっちもうれしくなります。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 22:59, クミ, 絵画教室

comments(10), trackbacks(0), - -

子どもたちが描いた「人物」(子ども絵画教室)

 「人物を描く」という課題。

できれば自画像、お友達どうし…と、実際に見て描ければよいのですが

いろいろな年齢の子どもたちなので、ちょっとそれはむずかしいかな?


そんなわけで、用意したのはたくさんの本。

ユニセフなどが出した世界の人々の写真集などです。



顔、顔…。子どもたちにそれぞれ「この子(人)描く!」を決めてもらいました。


じっくり見て、眼や鼻のバランスを考えて描きます。

「あ〜。。鼻がむずかしいー」「描き方がわからないー」と、いう子もいれば、

もくもくと描き進むひたむき派もいます。


とにかく、完成。苦心のあとが垣間見れますね!今回も何点か紹介します。





うん、ダイナミック!人物から受けた第一印象が直球で伝わってきます。






ふんわり、やさしいね。

異国の少女の黒い瞳を一生懸命心を込めて描きました。






自分も二人姉妹!妹とわたし…を重ね合わせてあったかい気持ちで描きましたね。






おー、迫ってくるね!

ドラマチックな感じが出たね。気持ちが入っているのが伝わってきます。



今回は異国の人々の写真を見るのにしばらく盛り上がりました。

自分で選ぶと、気持ちを込めやすいみたいです。

「顔」を描くのはむずかしいです。苦労します。


でも子供たちは、細かいところよりも「本質」的に表現できるのですね…。

心で見る、というのでしょうか。


指導としては描くテクニックもおしえますが、描く「心」は逆におしえられるみたいです。



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 17:51, クミ, 絵画教室

comments(16), trackbacks(0), - -

デカルコマニーをやってみました(子ども絵画教室)

 デカルコマニーとは、フランス語で「転写」を意味する絵画技法。

「今日はデカルコマニーをやってみよう」と話すと、

「デパロク…?」「デカコマー!」とか、一斉にがやがや。

「これ、先生がやってみたんだよ。何に見える〜?」と聞くと、

  「顔〜!」という声が一斉に上がりました。


みんなが興味を持ってきたので制作の説明です。


 クリアファイルを切ったものに…。

 好きな色の絵具をのせて…。


 画用紙をのせて…。


 そっとめくると…。


 なんだか面白い形ができました。

 何に見えるかな?


子ども達は「偶然」という現象が大好きみたい。

自分の思うようにはできない絵の中に、無意識の自分の心のイメージを重ねます。


力作を何点かご紹介。







みんな、それぞれに絵のストーリーみたいなものがあって、説明してくれました。

ためらいのない、力強さが出る技法。

いつもとちがった個性がでて、楽しい作品づくりができました。♪♪♪

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 08:48, クミ, 絵画教室

comments(18), trackbacks(0), - -

クリスマスのはこ 〜子ども絵画教室〜

 もうすぐ子ども達にとって楽しみな事がいっぱいのクリスマス。

先週、「クリスマスのはこ」を制作してみました。

子ども達にとって、「はこ」っていうだけで楽しいイメージがあるみたい。


「クリスマス」「はこ」と、楽しいイメージの重なった課題だったからか…。

 子ども達はいつもよりも興奮気味。

                                   板目紙に思い思いの色を塗っていきます。
 刷毛などでばーっと塗る作業って、気持ちいいみたい。


 真剣に絵を描いていきます。

 
 とっても楽しそう!



 底と、ふたを作って、モールなどで仕上げました。


サンタさんに上げるお菓子を入れてね〜♪ と話したら、

「えー、サンタさんはお父さんだよ!」という声も…。

「大切なもの入れにするの」「飾っとくの」など、みんなそれぞれに、

出来上がったはこを大事に持って帰りました。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 09:11, クミ, 絵画教室

comments(10), trackbacks(0), - -

かわいいウサギの年賀状づくり

 子どもの絵画教室の今日の制作は「年賀状づくり」。

準備したウサギの絵や写真の資料に「わたし、これ〜!」と、さっそく飛びつく子ども達。

「この紙を切って、型にするの。スポンジで、ポンポン色をつけるんだよ」

割り箸に、切ったスポンジを輪ゴムで止めて…「スポンジ出来た!」

思い思いの絵を切り抜いたら、アクリルガッシュを濃い目に溶いて楽しそうにポンポン…。




2時間じゃ、たくさんは出来なかったけれど、かわいい年賀状が出来てうれしい笑顔です。

油性ペンや色鉛筆で輪郭線や文字などを書いて仕上げました。




今年もあとわずか。絵画教室では年賀状作りを指導しましたが、私は自分の年賀状は

まだできていません〜!早くつくらなくっちゃ。
 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

at 01:22, クミ, 絵画教室

comments(8), trackbacks(0), - -

絵画指導 〜季節感を表現して、色紙を描く〜

久しぶりに、大人の部の絵画教室の記事です。


このところ街路樹がはらはらと紅葉の葉を落とし、

歩道は砕かれた落ち葉の色とりどりの砂絵のようです。

庭先にも、空き地にも晩秋のモチーフがたくさんあります。

この季節って、赤や黄色のコントラストがほんとにきれい。


そんな美しさを、一枚の色紙に顔彩と墨を使って

しっとりと描いてみよう、という課題です。生徒さんの作品を紹介します。

線に動きがあります!ちょうど教室の窓から見えていた街路樹から

                                                                                            イメージしたそうです。 枝や、葉っぱの強弱のリズム感が心地よいです。    
小鳥と赤い実が、冬の訪れを感じさせますね。実の濃淡がとてもきれい。

                               にじみなど、和紙の紙質を生かしながらもメリハリのある作品になりました。

いつもがんばっている中学生のMさん。やさしいタッチで、

                             風にそよぐ野の花を描きました。

                             勉強の気分転換になったかな?墨の濃淡がいいですね。


初めての顔彩、2時間という制約の中ですが皆さんとても真摯に

とりくんでいただけました。

顔彩の色、不思議と日本の自然の色に合うのですね。


和紙に墨や絵具がにじんだり、かすれたりするのを楽しんで描けたのがなによりでした。

わたしも作品づくり、そろそろがんばらないと!です。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ 人気ブログランキングへ

at 17:22, クミ, 絵画教室

comments(8), trackbacks(0), - -

子ども達が描いた「長〜い絵」

 絵巻物の資料をたくさん見ていて思いついた課題です。

みんなにくるくる巻いた紙を見せると、それだけで「何それー」「それに描くのー?」と

ザワザワ…。でも、期待に満ちた顔をしているのでうれしい一瞬です。

「こんな感じだよ」と、私が描いた何パターンかの縮小版を見せて、構想を練ってもらいます。

「もう、描いていいい?」「描くものきまったよ」次々に描き始める子ども達。


今日は、水性マーカーでどんどん描いていきます。

くるくる丸まるので、積み木などで押さえながら描くと、巻物っぽいね。

完成した中から、いくつか紹介します〜。







紙が足らなくなって、つぎ足した子もいました。

絵巻物って不思議です。どんどん次を描きたくなるんですよね。

みんな、楽しくがんばったよね〜♪♪

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 11:34, クミ, 絵画教室

comments(12), trackbacks(0), - -

日本画教室 〜鳥獣戯画模写〜

今回は模写をして見ましょう!、ということで選んだのは「鳥獣戯画」。

正確には「鳥獣人物戯画」甲巻、ということですね。有名な 兎と蛙の相撲の場面です。




原寸のカラーコピーを下敷きに、楮紙で描いてみてもらいました。





簡単そうに感じる動物達の線描、かすれや線の肥痩がむずかしいです。

作者の独自の味わいのある線。太い線ほどむずかしい。EKさん、がんばっています。

筆を立て気味に描くことや、名作の作者の線を描くことで、自分の筆づかい以外の線を学べるので

模写はとても良い勉強になりますね…。

また、時々やってみようと思いました。



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 11:07, クミ, 絵画教室

comments(6), trackbacks(0), - -

日本画教室 〜今日はピーマン〜

夏の野菜で少し季節はずれですが、形と色がはっきりしていて初心者むきかな?と思い、今日はピーマンを描きました。

少し前に私が描いた絵手紙風のピーマン。参考にしてもらい、生き生き、元気そうに描きましょう…、などとお話しながら

まず下図をかねて写生をしてもらいます。




トレーシングペーパーを使って色紙に転写します。




なかなか味のある線が描けました!写生でよく観察したのでピーマン「らしさ」が筆で表現されています。


  完成です。約90分でできました。

観念的にならないで、写生を元に自然な形の美しさが素直に出せたと思います。

画仙紙の色紙ではあまり重ね塗りは出来ないのですが、ぼかしやたらしこみなど、試してみました。

残り時間で今回もさらりと描くはがき絵です。今日はキキョウを描いてみました。




たくさん、いろいろなことをやってみたいと思う日本画教室。次回の課題に思いはめぐります。


にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

at 18:01, クミ, 絵画教室

comments(4), trackbacks(0), - -